平成28年度 近畿レディースバドミントン競技大会:結果レポート

日本有数の中小企業の密集地であり、高い技術を誇る小規模工場が多数集まる大阪府東大阪市。ここ東大阪市で設立された「宇宙開発協同組合SOHLA」が携わった人工衛星”まいど1号”が、昨年放送されたTBSドラマ「下町ロケット」のモデルになったとも言われています。

そんな東大阪市を舞台に開催された”平成28年度・近畿レディースバドミントン競技大会”の結果が主催者側から届きましたので、写真とともにお伝えします。


・6/11 大会結果詳細PDFファイルを訂正版に差し変えました。


Image
平成28年度・近畿レディースバドミントン競技大会 (c) J.L.B.F.

Image
会長あいさつ (c) J.L.B.F.
Image
選手宣誓 (c) J.L.B.F.




平成28年6月1日(水)、大阪府東大阪市の東大阪市立総合体育館に於いて、平成28年度・近畿レディースバドミントン競技大会が開催されました。同大会は未経験者(社会人になってからバドミントンを始めた者)を対象とするクラブ対抗団体戦です。

近畿ブロックに属する6府県から集まった全28チームが、3複(選手の合計年齢は240歳以上で組合せ自由)によるトーナメント戦で凌ぎを削り合いました。最終結果は、あいCLUB(大阪府)が優勝に輝き、河内長野クラブ(大阪府)が準優勝、鴨谷クラブ(大阪府)が3位となりました。

*詳細な試合結果は、ページ最下段のリンクよりダウンロードしてご覧いただけます。


Image
平成28年度・近畿レディースバドミントン競技大会 (c) J.L.B.F.

Image
優勝:あいCLUB(大阪府) (c) J.L.B.F.
Image
準優勝:河内長野クラブ(大阪府) (c) J.L.B.F.


Image
3位:鴨谷クラブ(大阪府) (c) J.L.B.F.
Image
各府県連盟理事長 (c) J.L.B.F.